タイを感じよう with LinQ


タイ観光リージョナルアンバサダー(九州地区)のアイドルグループ『LinQ』による、
動画と写真でタイを感じて頂くための観光PRサイトです。
※2020年1月撮影



タイのおすすめ動画レポート
with LinQ


毎週月曜更新!! LinQメンバー吉川千愛さん・新木さくらさん・髙木悠未さんより
タイのグルメやおすすめのスポットなどを動画にて紹介していきます。



【配信中】第一回
大人気タイグルメ!
LinQの推しタイメシBEST3

タイで食べた料理で美味しかったBEST3を発表!果たしてどんな料理がランクインするのかお楽しみに!

【配信中】第二回
大人気タイグルメ!
デリバリー実食レポート

気軽に堪能できるタイ料理!デリバリーしたタイグルメを実食しながらレポートします!

【配信中】第三回
一番映えたのはだれ!?
インスタ映え選手権 in プーケット

プーケットはインスタ映えスポットの宝庫!最も映え写真を撮ったのはだれか、みなさんの投票で決まります!

【配信中】第四回
何して遊ぶ!?
おススメの遊び in プーケット

ビーチだけじゃないプーケット!今人気のプーケットでの遊び方を伝授!



【9/28配信予定】第五回
買い物天国!?
ショッピング in タイ

女子必見!タイで買った最もお気に入りのアイテムやお土産をお伝え!

【10/5配信予定】第六回
タイ験しよう!
アクティビティ in チェンマイ

話題沸騰!?チェンマイでいまアツいアクティビティをご紹介!

【10/12配信予定】第七回
一番映えたのはだれ!?
インスタ映え選手権 in チェンマイ

映える!タイ版京都!?最も映え写真を撮ったのはだれか、みなさんの投票で決まります!

#バンコク

#マハナコーンスカイウォーク

地上314メートルと、タイ一番の高さを誇るキングパワー・マハナコーンビル。最新デジタルアート満載のエントランスやエレベーターを経て78階に上れば、そこには360度の見晴らしを誇る展望台とルーフトップバーが。一角には、床がスケルトンになったスリル満点の「グラストレイゾーン」も。

#プーケット

#カロン・ビューポイント

カタ・ビーチの南側にある山道を登った場所に位置する絶景ポイント。そこからカタ・ヤイビーチ、カタ・ノイビーチ、カロンビーチの3つの湾を一望できる景勝地です。

#カロンビーチ

約2.5kmの距離にわたるビーチは、島の中部にある大賑わいのパトンビーチよりも南側に位置し、白い砂浜とゆったりとしたムードが魅力。ビーチに沿って走る通り沿いには、レストランやビーチグッズショップがズラリと並んでいます。

#プロムテープ岬

プーケット島の最南端にある岬で、タイで最も美しい夕日が望めるスポット。一帯が公園として整備されていて、夕暮れ時になると世界各国からの観光客でいっぱいに。園内をぐるっと散歩しながら、ベストスポットを見つけてみよう。

#バーンティーランカー

入口に「閉店です」の看板があるのになぜかオープン。中に入るとそこには不安定なバランスで建つ家が!ここはすべてが逆転した「逆さまハウス」。1階、2階、屋上それぞれの天井に様々なものがレイアウトされ、工夫をすると、逆立ちで洗い物をしたり、パソコンを打ったり、自転車に乗ったりのおもしろ写真が撮影できます。

#ザ・チャーム

中国とマレー半島の食文化をミックスさせた「プラナカン料理」のレストラン。中華系のオーナー一家に代々伝わってきた“おばあちゃんのスープ”や豚バラ煮、世界で最も美味しい料理に選ばれたことがあるマッサマンカレーなど、1皿ごとにエピソードが添えられたメニューが揃います。今から約100年前に建てられた「シノポルトガル(中国×ポルトガル)」様式の建物で、インテリアも素敵。

#プーケット・タウン

プーケット島の南東にある県庁所在地・テーサバーンナコーンに残るカラフルな街並み。並んでいるのは、約100年前に貿易港として栄えた頃に建てられたシノポルトガル(中国×ポルトガル様式)の建物です。今も住居として使われているだけでなく、金物屋や布屋といった商店が営業し、最近はおしゃれなカフェやセレクトショップなども続々とオープン。気ままに散策したり、撮影を楽しんだり…。プーケットの女子旅に今、欠かせないスポットです。

#サンスリ・プーケット

プーケットの南、ナイハーンビーチに位置する隠れ家リゾート。ホテル内にはレストランやスパ、プール、キッズクラブなどが充実してます。中でもプールには飛び込み台とスライダーがついていて、大人も子供も一緒に楽しめるホテルです。

#チェンマイ

#バーンカーンワット

2014年に誕生したクラフトビレッジ。イベントスペースをぐるりと囲むように木造の建物が配置され、その中で服やアクセサリーのショップ、ギャラリー、カフェなど約20の店舗が営業中。ワークショップも多数開催されていて、ドライハーブを使ったドリンク作りのワークショップが人気です。ナチュラルなムード漂う空間でアーティストのモノづくりに刺激を受けてみよう。

#ワットプラシン

チェンマイ市内で、1.5km四方をお堀と城壁に囲まれたエリアは、1292年から約300年続いたランナー王朝時代に生まれた旧市街。その中にある「ワット・プラ・シン」は、1345年に建てられたお寺で、当時の王様・パーユー王が自身の父の遺骨を収めた場所です。その後礼拝堂の中に、「獅子の像」と呼ばれる仏像が置かれて以降、「ワット(お寺)・プラシン(獅子)」と呼ばれるように。礼拝堂の、今から約700年前のチェンマイの暮らしを生き生きと描いた壁画は必見。

#ワットチェディルアン

「ワット・プラ・シン」から徒歩約10分。1391年に建てられたというこのお寺の見所はなんと言っても、ダイナミックなお墓(仏塔)です。創建当時は高さ80m(25階建てのビルに匹敵!)もあったという仏塔は、その後の大地震で約半分の大きさになったものの、今なお迫力満点。当時の栄華を感じさせてくれます。

#メーサーエレファントキャンプ

時に守り神、時に同士として、タイの人にとって特別な存在でもあるゾウと触れ合えるスポット。キャンプ内には約80頭のゾウが暮らし、毎年のように小ゾウが誕生。親子でのんびりと過ごす様子などを見ることができます。またゾウのショーやエサやり、ゾウ乗り体験を通して、ゾウたちのチャーミングな一面が見られる機会も。

#ジンジャーファームキッチン

チェンマイ中心部でも、とりわけ感度の高いショップや飲食店が集まるニマンヘミンエリア。そこに2018年に誕生したショッピングモール「One Nimman(ワンニマン)」の一角にあるレストランです。チェンマイ郊外の自社農場で育てた野菜をはじめ、肉、魚、卵もオーガニックにこだわったタイ北部料理は、美味しいだけでなく盛り付けもおしゃれ。木目やタイルにポップなデコレーションを施したインテリアの中で気軽に楽しめるのも魅力です。

#アンブレラヴィレッジ

チェンマイ中心部から車で20分ほどの距離にあるボーサーンは、和紙と竹を使った伝統的な傘作りの町として有名。そこに数ある工房のひとつ、「アンブレラ・メイキング・センター」では、職人による傘作りの見学や、絵付け体験が可能。また、傘に施される職人の細やかな絵柄を、手持ちのスマホケースやブックカバーに入れてもらえるコーナーも大人気。

#SYNブティック・ホテル

2019年11月にオープンしたブティックホテル。1階にはモダンなラウンジ&レストラン、タイのモダンアートを紹介するギャラリー、ピンク&ストライプをアクセントにしたプール、バーがあり、ワンランク上のホテル滞在を約束してくれます。また全80の客室は、スタイリッシュでありながら居心地良く、寝具やアメニティ、ひとつひとつにこだわりが。空港までの送迎用のクラシックなフォルクスワーゲンをリメイクしたリムジンもかわいい。

LinQ(リンク)は、2011年結成の福岡県を拠点に九州および全国区でも活動している、6人組の女性ローカルアイドルグループ。2015年にはナオト・インティライミ作詞作曲・プロデュース『ハレハレ☆パレード』が、オリコンデイリーチャート1位・週間チャート8位を記録し、話題になりました。バンコクで開催されたCONNECT JAPAN 2015やコラートのザ・モール ショッピングセンター ジャパンディスカバリー エンチャンテッド九州などのイベントへの出演実績もあります。LinQ「Love in 九州」の頭文字から発想した造語で、アイドル活動を通じて色々な人やもの、地域や国などを繋ぐ事の出来るグループに、そして「笑顔の架け橋」になれるようにとの思いを込めて命名。

2014年5月よりピザクックイメージキャラクターとして就任。

2020年1月23日より九州地区においてタイでの旅の魅力を発信するため、九州を中心に活動するアイドルグループ LinQ(リンク)がタイ観光リージョナルアンバサダー(九州地区)に任命されました。

新木 さくら Araki Sakura

ピザクックイメージキャラクター
福津市親善大使
LinQセンター人気No.1!
自撮りのスペシャリスト!

生年月日:1996年11月14日(24歳)
出身地:福岡県福津市出身
趣味:音楽を聴くこと
特技:自撮りと記憶力

髙木 悠未 Takaki Yuumi

ピザクック不動のセンター
(ピザクックイメージキャラクター)
篠栗町ふるさと観光大使
話題のTiktoker!! 人気急上昇中!!

生年月日:1997年5月7日(23歳)
出身地:福岡県篠栗町出身
趣味:人に応えること
特技:全てのマイナス発言をプラスの言葉に換える事ができる

吉川 千愛 Yoshikawa Chiaki

ピザクックイメージキャラクター
LinQ3代目リーダー
2年連続福岡マラソン完走!!

生年月日:1994年4月2日(26歳)
出身地:福岡県出身
趣味:映画鑑賞、音楽鑑賞、癒される動物の画像や動画を見ること
特技:水泳、マラソン、たこ焼きを焼くこと



福岡の宅配ピザチェーンピザクックと
タイ国政府観光庁監修のコラボ
ガパオの本場タイの味を再現した逸品のピザです

ピザクックからの
特別プレゼント
キャンペーン実施中


ピザクックでご注文頂いた方を対象にタイに関するアンケートにお答え頂くと
抽選でプレゼントが当たります。